中国:5月の新築住宅販売額、前年同月比32.9%増-政策引き締めでも

  • 4月は63.5%増だった-ブルームバーグが算出
  • 1-5月の不動産開発投資、前年同期比7%増-国家統計局

中国では一部の大都市で住宅政策が引き締められているが、5月も新築住宅販売額が大きく伸びた。

  中国国家統計局が13日発表した1-5月の統計を基にブルームバーグが算出した5月の新築住宅販売額は前年同月比32.9%増の7730億元(約12兆4600億円)。4月は63.5%増だった。5月の販売額は前月比では2.6%減った。

  政府は小規模都市での売れ残り住宅の一掃を目指している一方で、金利低下と刺激策を受け住宅が値上がりしている大都市では市場の抑制を促している。上海では4月に新築住宅価格が前年同月比28%上昇、深圳は同62%上げた。両都市のほか、蘇州や南京などが抑制策を導入している。

  1-5月の不動産開発投資は前年同期比7%増。1-4月は7.2%増だった。1-5月の不動産開発会社による土地購入は5.9%減、建築着工面積は18.3%増えた。

原題:China May Home Sales Rose 32.9% Amid Policy Tightening Measures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE