世界のLNG市場、向こう10年間に供給不足に転じる見通し-チャート

  供給過剰と安値により液化天然ガス(LNG)プロジェクト向け投資が落ち込んだため、向こう10年間に供給が不足する可能性があるとの見方を、サンフォード・C・バーンスティーンのアナリストらが示した。世界のLNG市場への供給が2025年にかけて維持されるためには、今から20年にかけて年間6000万トン相当の新規プロジェクトが承認される必要があると予想されている。

原題: LNG Market Seen Switching to Deficit Over Next Decade: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE