【個別銘柄】欧州関連下落、ディスコやアコム安い、カルソカンは上昇

更新日時

13日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

  欧州関連株:マツダ(7261)が前営業比6%安の1654円、DMG森精機(6141)が5.4%安の1213円、コニカミノルタ(4902)が4.6%安の833円など。13日の外国為替市場で円は対ユーロで一時119円00銭と2013年1月以来の高値、対ポンドでは一時150円10銭と13年8月来高値へ上昇した。英国のEU離脱の是非を問う国民投票をめぐり一部世論調査で離脱支持が上昇、投資家はリスク回避姿勢を強めている。欧州売り上げ比率の高い銘柄に対し、採算悪化懸念が広がった。

  ディスコ(6146):7.6%安の9830円。JPモルガン証券は10日付で投資判断を「オーバーウエート」から「中立」に引き下げた。当面は受注の上振れ期待と業績に対する円高圧力が均衡すると分析、前提為替レートの円高方向への変更に伴し17年3月期営業利益予想を310億円から270億円に下方修正した。目標株価は1万3000円から1万1000円に引き下げ。

  アコム(8572):7.7%安の518円。みずほ証券は10日付で目標株価を590円から540円に引き下げた。調達コストの改善など中長期の業容拡大を評価したいとする一方、短期的には利息返還請求引当金の繰入額が利益を圧縮するとみている。17年3月期純利益予想は従来の486億円から会社計画585億円を下回る200億円に引き下げた。

  カルソニックカンセイ(7248):5%高の911円。日産自動車が保有株売却に向けた1次入札を10日に締め切り、米KKRや米ベインキャピタルなど海外投資ファンドが応札したもようだと11日付の日本経済新聞朝刊が報じた。

  原油関連株:国際石油開発帝石(1605)が5.8%安の833円、石油資源開発(1662)が5.4%安の2220円、出光興産(5019)が4.1%安の2337円など。10日のニューヨーク原油先物市場は前日比3%安の1バレル=49.07ドルと、4月4日以来の大幅安で終了。米国での石油リグ(掘削装置)稼働数の上昇とドル堅調が嫌気された。

  牧野フライス製作所(6135):5.7%安の593円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は10日付で投資判断を「オーバーウエート」から「中立」に引き下げた。同業他社に比べて受注環境は堅調との見方は継続するものの、為替前提を1ドル=115円から105円に変更する影響などが大きいとして業績予想を下方修正した。

  シーズ・ホールディングス(4924):6%安の2246円。15年8月-16年4月期連結営業利益は前年同期比11%増の43億2800万円だった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では同証による事前予想48億円を下回ったと指摘。主力の通販売上高の伸びが鈍化し、昨年低単価の白髪染めや健康食品で獲得した反動で新規顧客数が伸び悩んだと分析した。

  日東製網(3524):22%高の162円。16年4月期連結営業利益は前の期比81%増の11億5500万円となった。新製品の販売や経費節減努力により、漁業関連製品の粗利益率が大幅に改善し、従来計画の6億7000万円を72%上回った。

  Hamee(3134):400円(23%)高の2129円とストップ高。17年4月期連結営業利益は前期比18%増の5億3100万円、年間配当は同1円増の4円を計画する、と10日に発表。モバイルアクセサリー市場の拡大や、国内の電子商取引(EC)市場の成長を見込む。16年4月期は前の期比34%増の4億5000万円だった。

  ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(3657):16%安の895円。16年2-4月期連結営業利益は前年同期比54%減の2億8600万円だった。主力のデバッグ・検証事業がアミューズメント機器向けのアウトソーシングサービスの受注減少や円高の影響などで減収減益、ネット看視事業は一部顧客の業務縮小の影響で営業損失が拡大した。

  モルフォ(3653):13%安の6990円。15年11月-16年4月期連結純利益は前年同期比26%減の2億5800万円だった。急激な円高進行で保有する外貨預金や外貨建て債権の評価替えに伴う為替差損を計上した。

  サムコ(6387):9.4%安の822円。16年7月期単体営業利益予想を8億3000万円から7億円に下方修正した。スマートフォン市場の設備投資減速などで足元の設備需要が踊り場となっているほか、中国景気減速や原油安の影響で市場環境が悪化しアジアや欧米での海外受注は期初計画を下回っている。

  東京ドーム(9681):1.5%高の462円。17年1月期連結純利益予想を49億円から前期比23%増の56億円に上方修正した。持分法適用関連会社だったテリーヒルズ・ゴルフ&カントリークラブ・ホールディングスについて、保有株式と同社に対する貸付債権をすべて譲渡したことにより、従来計画を上回る見込みとなった。

  イトクロ(6049):15%高の3475円。15年11月-16年4月期単体営業利益は前年同期比51%増の7億9000万円だった。「塾ナビ」や「みんなの学校情報」など主要ポータルサイトの売り上げが堅調、コンサルティングサービスも順調に推移した。通期計画の11億5100万円に対する進捗(しんちょく)率は69%となっている。

  ジェネレーションパス(3195):300円(26%)高の1435円とストップ高。インテリアや衣料品などのネット通販「リコメン堂」を運営する同社の5月の売上高は前年同月比25%増加した、と13日午後1時に発表。また、午後2時発表の15年11月-16年4月期営業利益は前年同期比69%増の8800万円だった。ECマーケティング事業や商品企画関連事業の売上高が好調で、通期計画に対する進捗率は73%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE