欧州マーケットサマリー:株4日続落、スペイン債大幅安

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1287   1.1251
ドル/円            106.06   106.97
ユーロ/円          119.71   120.38


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  326.80     -6.12    -1.8%
英FT100     6,044.97   -70.79    -1.2%
独DAX      9,657.44   -177.18   -1.8%
仏CAC40    4,227.02   -79.70    -1.9%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .55%        -.01
独国債10年物     .02%        +.00
英国債10年物     1.21%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,280.80    +5.30     +.41%
原油 北海ブレント         50.29      -.25     -.49%

◎欧州株:ストックス600が約4カ月ぶり安値-英EU離脱懸念強まる

13日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が4営業 日続落し、約4カ月ぶりの安値に沈んだ。英国が欧州連合(EU)を離 脱するとの懸念が高まり、世界株安の様相となっている。

ストックス600指数は前週末比1.8%安の326.80で終了。主要中央銀 行の政策決定会合や政治イベントを前に、リスク資産への投資を控える 動きが強まった。ユーロ圏の株価下落に備えたオプションの費用に連動 するVストックス指数はこの日14%上昇し、4営業日では昨年8月以来 の大きな上げ幅となった。

英国は23日にEU残留・離脱を問う国民投票を実施する。先週半ば の世論調査で投票結果が予断を許さない状況を示したことを受け、EU 残留への楽観が後退した。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)定 例会合や26日のスペイン総選挙などのリスク要因も注目されている。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のシニア株式トレーダ ー、ジョン・プラサード氏は「不透明感が強いため、相場は下げ続ける だろう」と指摘。米国の「利上げを誰一人として予想していないもの の、イエレン議長の発言に注目している。英国民投票まであと10日、そ の数日後にはスペイン総選挙が控えている。原油が下げており、ボラテ ィリティはここ数カ月で最も高い水準にある」と続けた。

イタリアのイタリアのバンコ・ポポラーレ・ディ・ミラノ銀行 (BPM)とモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは急落、業種別19指 数の中で銀行株の下げが最もきつかった。

自動車関連銘柄も総じて安く、ドイツのBMWは1.9%下落。フラ ンスのテクニップや英アメック・フォスター・ホイーラーを中心に石 油・ガス銘柄も下げた。原油が下げ基調にあるほか、バンク・オブ・ア メリカ(BofA)が石油サービス企業に対してポジティブになる根拠 はまだないとの見方を示した。

原題:Europe Stocks Slide for Fourth Day as Brexit Concerns Intensify (抜粋)

◎欧州債:スペイン国債が2カ月ぶり大幅安-英EU離脱懸念が強まる

13日の欧州債市場ではスペイン国債が2カ月ぶり大幅安となった。 英国の欧州連合(EU)離脱への懸念から高リスク資産への投資を控え る動きが強まった。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは、10日に付けた過去最 低付近にとどまった。23日の英国民投票に関する世論調査は、英国が EUに残留するかどうか予断を許さない状況を示した。今週の日米当局 の金融政策会合を控え警戒感が強い中で世界的に株価が3日続落した一 方、円は主要通貨に対し堅調に推移している。

ウニクレディト(ミラノ)のシニア債券ストラテジスト、ルカ・カ ツラーニ氏は、世論調査でEU残留支持が後退していると指摘。英国民 投票を引き金とする「リスク回避」のセンチメントから周辺国債が打撃 を受けていると語った。

ロンドン時間午後5時20分現在、スペイン10年債利回りは前週末比 7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.50%。これは4 月7日以来の大きな上げ。同国債(表面利率1.95%、2026年4月償還) 価格は0.69下げ104.085。同年限のイタリア国債利回りも7bp上げ て1.46%となった。

ドイツ10年債利回りは0.02%で、前週末からほぼ変わらず。10日に は過去最低となる0.009%まで下げた。

原題:Spain’s Bonds Fall Most in Two Months as Brexit Concerns Spread(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE