米石油リグ稼働数、昨年8月以来の2週連続増加-チャート

  ベーカー・ヒューズが10日発表した統計によれば、米国の石油リグ(掘削装置)稼働数は同日終了週に3基増の328基となり、昨年8月以来の2週連続の増加となった。天然ガスリグは3基増の85基となり、データが残っている1987年以来の低水準から増えた。リグ稼働数の増加により、供給の減少という原油価格の主なサポート要因が弱まる可能性がある。原油価格は2月以降、約90%上昇している。

原題: U.S. Oil-Rig Count Caps First Two-Week Gain Since August: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE