ブラジル株(10日):ボベスパ下落、世界的株安で-ペトロブラス安い

10日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は下落。世界的な株安の流れを引き継いだ。ブラジルの経済成長見通しを考慮すると、過去数日の株価上昇が行き過ぎとの懸念が広がった。

  銀行のイタウ・ウニバンコ・ホールディングが5.1%安、ブラデスコ銀行が4%安と、ボベスパ指数の下げに大きく寄与した。原油相場の下落を受けてブラジル石油公社(ペトロブラス)は4.4%安。最高経営責任者(CEO)の交代を発表した航空機メーカーのエンブラエルは5%値下がりし、約2年ぶりの安値を付けた。

  ボベスパ指数は前日比3.3%安の49422.16で終了。指数を構成する全59銘柄が下落した。

原題:Brazil’s Stocks Join Global Rout as Petrobras Follows Crude Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE