NY外為(10日):週間ベースでドルがユーロに対して上昇

更新日時

10日のニューヨーク外国為替市場でドルはユーロに対して週間ベースで上昇。トレーダーは来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合や今月実施される英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票などのリスク要因を注視している。

  ドルは過去6週間のうち5週でユーロに対して上昇した。JPモルガン・チェースの世界的な通貨ボラティリティ指数は今週上昇した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は5月の雇用者数の伸びについて、「期待に及ばなかった」と発言していた。6月23日の英国民投票を前にした調査結果を手掛かりに英ポンドは荒い動きとなった。円は逃避需要から上昇。世論調査によれば英国のEU離脱支持が残留支持を10ポイント上回った。

  ニューバーガー・バーマンの通貨運用責任者、ウゴ・ランチョーニ氏は金融政策をめぐり米国が欧州や日本、資源輸出国と違うことを理由に、「ドルには上昇余地がある」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.6%上げて1ユーロ=1.1251ドル。週間ベースでは1%上昇した。円は対ドルで前日比0.1%上昇して1ドル=106円97銭。

  JPモルガン・グローバルFXボラティリティ指数は週間で10%上昇と、2月以来で最も上げた。

  商品先物取引委員会(CFTC)の7日のデータによると、ヘッジファンドなど大口投機家が建てているドルのネットロングは3週連続で増加し14万5247枚となった。前週は8万4149枚だった。

  金利先物市場の動向によれば、6月15日に連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを決定する確率はゼロ、年末までの利上げ確率は49%となっている。

  クレディ・アグリコルのG10通貨戦略責任者、バレンティン・マリノフ氏(ロンドン在勤)は「為替市場は最近の米金融当局者の慎重な発言に過剰に反応していた」と述べ、特にカナダやノルウェー、オーストラリアといった商品輸出国通貨に対して「ドルが回復し、バリュエーションのゆがみはまもなく解消するだろう」と続けた。

原題:Dollar Heads for Weekly Gain as Focus Shifts to Fed, Brexit Risk(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE