ロシア中銀:政策金利10.5%に引き下げ、昨年7月以来の利下げ

ロシア中央銀行は10日、政策金利引き下げを発表した。利下げは昨年7月以来。原油価格安定と通貨ルーブルの上昇を受け、インフレ警戒を緩めた。

  中銀は政策金利である1週間物入札レポ金利を10.5%と、これまでの11%から引き下げた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では43人中22人が0.5ポイントの利下げを予想、残りは据え置きを見込んでいた。

  中銀は声明で「インフレリスクとインフレ低下状況が予想の軌道にどの程度沿っているかを検証し、追加利下げの可能性を検討する」と表明した。

原題:Bank of Russia Cuts Rate First Time Since July as Risks Fade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE