NY金:続伸、ファンド通じた保有量増加で銀も高い

9日のニューヨーク貴金属市場で銀先物相場が上昇。銀ファンドには今年に入って新規資金の流入が相次いでおり、こうしたファンドを通じた銀保有量は過去最高水準に近づいている。米利上げ先送り観測を背景に、銀は年初から25%高と、金と同様の動きとなっている。

  オンライントレーディングサービス会社ブリオンボールトの調査責任者、エードリアン・アッシュ氏は「銀市場に大量の資金が引き続き入ってきている」とし、「当社顧客からの資金流入は2011年初めに記録した過去最高水準と一致する」と指摘。銀について、「ステロイド剤を投与された金」のようだと述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の銀先物7月限は前日比1.7%高の1オンス=17.268ドルで終了。

  • 金先物8月限は前日比0.8%上げて1オンス=1272.70ドル
  • ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムとプラチナは下落

原題:Silver Acting Like ‘Gold on Steroids’ as Assets Near Record High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE