英ロコス・キャピタル、フレンチCOOが退社へ-関係者

英国を拠点とするヘッジファンド、ロコス・キャピタル・マネジメントのアンディ・フレンチ最高執行責任者(COO)が退社する。情報が公開されていないことを理由に匿名を希望した2人の関係者が明らかにした。

  共同最高経営責任者(CEO)も兼務するフレンチ氏は昨年加入したばかり。ロコス・キャピタルはブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創業者であるクリス・ロコス氏(45)が設立したヘッジファンドで、マクロ戦略を採る。ロコス氏は2012年にパートナーを務めていたブレバンを退社し、ロコス一族のグループに加わった。

  ロコス・キャピタルの広報担当者はコメントを控えた。フレンチ氏はコメントを求める電話やショートメッセージに応答していない。

  関係者が1月に述べたところによると、ロコス・キャピタルのマクロファンドはスタート早々に35億ドルの資金を集め、新規ファンドとしては業界有数の華々しい出足を飾った。これを受けてロコス氏は2月初めに新規資金の受け入れを停止していた。

原題:Rokos Capital’s COO Andy French Said to Leave London Hedge Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE