アジア・太平洋株式サマリー:インド株が反落-中国、香港は休場

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国株式市況】

  9、10日の中国株式市場は、端午節の祝日のため休場。取引は13日に再開される。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)

【香港株式市況】

  9日の香港株式市場は、端午節の祝日のため休場。取引は10日に再開される。

(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  9日のインド株式相場は3営業日ぶりに下落。製薬会社や消費財銘柄の下げが目立った。指標のS&P・BSEセンセックスは前日に7カ月ぶり高値まで上伸したが、最近の相場上昇は行き過ぎとの見方が一部で広がった。

  構成銘柄の中で、ドクター・レディース・ラボラトリーズとインフォシスが大きく下げた。住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)は1週間ぶり安値に沈んだ。たばこ会社ITCと、消費財メーカーのヒンドゥスタン・ユニリーバは2%強の値下がりとなった。

  センセックスは前日比1%安の26763.46で終了。インド準備銀行(中央銀行)が状況が許す限り利下げする意図があると表明したことや米利上げ観測の後退を背景に、センセックスは8日に7カ月ぶり高値を付け、相対力指数(RSI、14日間ベース)は売りシグナルとされる71に達していた。
 
(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前日比0.2%安の5361.94。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比0.1%安の2024.17。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  9、10日の台湾株式市場は、端午節の祝日のため休場。取引は13日に再開される。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE