アジア株:6週間ぶり高値から反落-円上昇が日本株の重しに

9日のアジア株式相場は反落。原油価格の上昇でエネルギー銘柄が買われたものの、円相場の上昇が日本株を押し下げた。前日は6週間ぶりの高値を付けていた。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後3時11分(日本時間同4時11分)現在、前日比0.5%安の131.72。低金利の長期化観測が広がる中で、S&P500種株価指数は8日に過去最高値に接近した。中国・香港・台湾市場は祝日のため休場。

原題:Asian Stocks Retreat as Stronger Yen Weighs on Japanese Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE