コンテンツにスキップする

Brexit拒否されると予想、総選挙しのぐ投票率に-ブレア元首相

トニー・ブレア元英首相は同国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)への賛否を問う国民投票について、EU残留が支持されることを予想すると語った。離脱の反対キャンペーンを展開するキャメロン首相の行動を擁護する一方、離脱推進派であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長を批判した。

  ブレア氏は8日のロンドンでのインタビューで、「われわれがEUにとどまることになると考えている。しかし、もちろんこれは国民投票だ。世論調査の結果を見れば、状況は非常に拮抗(きっこう)しており、懸念しないわけにはいかない」と語った。

  同氏は「極めて重大な意味を持つ決定だと人々は理解していると思う」と述べ、23日の国民投票の投票率が総選挙を大幅に上回ると予想。ジョンソン氏については、「政府の一員やロンドン市長を務めた経験があれば、そのような重大性をはらむ決定の大きさが分かるだろう。奇妙な態度だ」と非難した。

原題:Blair Sees U.K. Rejecting Brexit as He Attacks Boris Johnson(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE