ディズニーvsワンダ:あなたはどっち、中国テーマパーク競争が熱い

中国のテーマパーク競争が熱い。米ウォルト・ディズニーは上海ディズニーランドを中心とする上海ディズニーリゾートを16日に正式オープンする。中国の富豪、王健林氏率いる大連万達集団(ワンダ・グループ)はつい最近、同社初のテーマパークを開業したばかりだ。

テーマパーク数

  上海ディズニーリゾートはディズニーにとって世界で6番目のテーマパークとなる。60年にわたるパーク運営のノウハウを生かしていく。江西省南昌でオープンした「万達文化旅遊城(南昌ワンダ・シティー)」はワンダにとって初のテーマパークだが、2020年までに中国でさらに14、海外で3つのテーマパーク建設を予定している。

建設コスト

  上海ディズニーランドのコストは55億ドル(約5900億円)。南昌ワンダは32億ドル。王氏は5月22日、中国中央テレビ局(CCTV)の番組で、ディズニーがどのようにしてそれだけのコストをかけたのか理解できないと述べた。

規模

  上海ディズニーリゾートは963エーカー(約3.9平方キロメートル)。南昌ワンダは494エーカー。ディズニーもワンダもいずれも地元当局からの手厚い支援を受けている。上海ディズニーリゾートには2つの宿泊施設があり、総客室数は1220。南昌ワンダには5つのホテルがあり、ホテル数を計9軒に増やす計画。

アトラクション数

  上海ディズニーリゾートはアトラクション数をまだ公表していない。南昌ワンダには50のアトラクションがある。

レストラン

  上海ディズニーリゾートと南昌ワンダには、いずれも約50の飲食店がある。

入場者数

  ディズニーは収容能力や年間入場者数見通しを公表していないが、アナリストらは上海ディズニーランドの年間入場者数が1500万-3000万人になると予想している。南昌ワンダの入場者数は年1000万人に達するとワンダは推計している。

雇用

  上海ディズニーリゾートは約1万人を雇用している。南昌ワンダは2万人。

入場料

  上海ディズニーのチケットは南昌ワンダの倍の値段だ。ディズニーのチケット価格は一般的な時期で370元(約6000円)、ピーク時には499元となる。南昌ワンダはそれぞれ198元と248元。

アトラクションに乗りたくない場合は

  上海ディズニーリゾートには、ブロードウェー級の大劇場があり、ミュージカル「ライオンキング」が北京語で初めて上演される。南昌ワンダには14の映画館(座席数計3000)のシネプレックスがある。

原題:Disney vs. Wanda: How the Two Theme Parks Stack Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE