ドル・円が下落、早期利上げ観測の後退で米金利低下-106円台後半

更新日時
  • 一時106円52銭、3日ぶり水準までドル安・円高が進行
  • 日銀の追加的な緩和政策が難しいという見方高まっている-大和証

9日の東京外国為替市場ではドル・円相場が下落。早期利上げ観測の後退に伴う米金利の低下などを背景に、ドル売り・円買いが優勢となった。

  午後3時35分現在のドル・円相場は1ドル=106円70銭付近。午前には一時106円52銭と3営業日ぶりの水準までドル安・円高が進んだ。三菱東京UFJ銀行による国債市場特別参加者(プライマリーディーラー、PD)の資格返上検討を背景に日本銀行の追加緩和への期待が後退しているとの指摘もあり、円は主要16通貨中、ニュージーランドドル以外の15通貨に対して前日終値から上昇している。

  三井住友信託銀行マーケット金融ビジネスユニットの細川陽介為替セールスチーム長は、ドル・円相場について、「特に方向感を持って相場が動いている感じはしないが、午前中は下げた」とし、「強いて挙げるとすると、米10年債金利が1.7%を割り込んできたことか」と説明。一方で、「株が底堅いこともあり、ドル・円は106円を割れて下攻めする感じでもない」と言い、「短期的には106~107円のレンジで方向感乏しくもみ合いが続きそうだ」とみる。

  8日の米国債相場は続伸し、10年債利回りは1.7%と、終値ベースで4月7日以来の水準に低下。この日のアジア時間の取引では1.7%を割り込んで推移している。金利先物市場動向に基づき算出した6月14、15日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利上げ確率は8日時点でゼロ%。5月の米雇用統計発表前日の2日時点では22%だった。

  この日の東京株式相場は日経平均株価が一時前日比243円安まで下げ幅を拡大。その後はやや下げ幅を縮小し、結局、162円51銭安の1万6668円41銭で取引を終えた。

  大和証券の亀岡裕次チーフ為替アナリストは、「米国の利上げ期待後退によるドル安がまだ続いている」と指摘。加えて、「ここ数日は日銀のマイナス金利を受けて国債の消化がこれから危うくなるのではないかという懸念が生じ、追加的な緩和政策が難しいという見方が徐々に高まってきている」とし、円高要因として働いていると話す。

  三菱東京UFJ銀がPD資格返上を検討していることについて、亀岡氏は、「当局としても国債の消化が困難になったらまずいわけで、事実上マイナス金利拡大しにくいということになる」と説明。さらに「マイナス金利をしながら量的緩和を今まで通り進めるというのも困難を伴う」とし、「金利の面でも量の面でも拡大が難しい」と話す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE