米アンダーアーマーが初の起債-6億ドル規模の10年債発行へ

  • 世界的な利回り追求の動きで投資適格級の社債利回りが低水準に
  • 起債額は当初の予定を1億ドル上回ると関係者

米スポーツウエアメーカーのアンダーアーマーは6億ドル(約640億円)規模の10年債を起債した。同社にとって初めての起債。世界的な利回り追求の動きを受け、投資適格級の社債利回りが約1年ぶりの低水準に低下していることが背景にある。

  ブルームバーグのデータによると、利回りは同年限の国債を160べーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回る水準。起債は発表されていないとして関係者が匿名で語ったところでは、起債額は当初予定していた規模を1億ドル上回り、利回りも当初の200bp前後から下がった。

  ソーンバーグ・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、 ロン・エリクソン氏によると、アンダーアーマーにとって初の起債だが、知名度や力強いバランスシートに後押しされ投資家の関心を集めた。財務が健全で起債の実績がない企業について市場の受け入れ態勢は整っているようだと同氏は述べた。

  アンダーアーマーの社債格付けはムーディーズ・インベスターズ・サービスが「Baa2」、S&Pグローバル・レーティングは一段階低い「BBB-」。

原題:Steph Curry Outfitter Under Armour Makes $600 Million Bond Debut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE