6月8日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが続落、月内の米利上げ観測消滅で-106円99銭

8日のニューヨーク外国為替市場でドルが続落。米金融政策当局が 早ければ来週に利上げを実施するとの観測が完全になくなったことが背 景。

ドルは主要通貨の大半に対して下落。低調な米雇用増やイエレン米 連邦準備制度理事会(FRB)議長が今後の利上げ時期について言及し なかったことが引き続き材料視された。金利先物市場の動向によれば、 6月15日に連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを発表する確率は ゼロとなっており、1週間前の22%から低下した。ドルは特にブラジ ル・レアルやメキシコ・ペソ、南アフリカ・ランドに対して下げた。

バークレイズの為替・金利ストラテジスト、アンドレス・ジェイム 氏は「この先数週間のドルは下げ方向の取引にバイアスがかかってい る」と述べ、「FOMCが6、7月の会合で何かを決定する可能性は極 めて低い」と続けた。

今月に入ってドルは再び下げている。低調な雇用統計で利上げ観測 が遠のいているほか、欧州やアジアと米金融政策の相違において見通し が不透明になっていることが背景にある。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.4%低下し、5月4日以来の低水準をつけた。ドルは対ユーロ で0.3%下げて1ユーロ=1.1395ドル、対円では0.4%下げて1ドル =106円99銭。

金利先物市場が示唆する年末までの利上げ確率は58%となってい る。15日のFOMC会合後は声明と共に最新の経済予測が発表され、議 長の記者会見も行われる。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのアナリス ト、ジョー・マニンボ氏は「米国経済が利上げの根拠を示すことができ るようになるまで、ドルには一段安のリスクがある」と指摘。金融当局 の「経済予測とイエレン議長の会見が鍵を握るだろう。将来の金利の軌 道がさらに低くなるとの予想が示されれば、ドルの売り浴びせを促すこ とになるだろう」と続けた。

原題:Dollar Drops for Second Day as Traders Rule Out June Fed Move(抜粋)

◎米国株:3日続伸、素材など高い-S&P500種は最高値にまた接近

8日の米株式相場は3日続伸。緩やかなペースでの経済成長が続く 中で、借り入れコストは長期にわたり低い水準が続くとの観測が強まっ た。S&P500種株価指数は過去最高値にさらに近づいた。

ドル安の恩恵を受ける企業の株価の上げが特に大きく、素材や資本 財関連が全体をけん引した。キャタピラーはここ2カ月で最長の連続 高。産銅のフリーポート・マクモランも高い。一方で原油相場が10カ月 ぶり高値に上げたものの、エネルギー株は一時の上げを消す展開となっ た。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の2119.12。昨年7月21日以 来の高値。過去最高値まであと0.6%に迫った。ダウ工業株30種平均 は66.77ドル(0.4%)上げて18005.05ドルと、6週間ぶり高値。ナスダ ック総合指数は0.3%上昇した。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツ(サウスカロライナ州 グリーンウッド)の最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏 は「現在の市場の状況では、どのような材料が投げられても相場は上昇 を続けたいようだ」と分析した。一方で、「よく言われているように、 センチメントは極めて悪い」と続けた。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が今週、米経済は前 進しているとの認識を示し、性急な利上げはないとのシグナルを発した ことが株価を支えている。先物市場に織り込まれる6月の利上げ確率は 現在ゼロ。7月の確率も18%と、1週間前の53%から低下している。

S&P500種のエネルギー株指数は小幅下落。前日までは続伸し、 2日間の上げとしては3カ月で最大となっていた。また原油価格の上昇 を手掛かりに商品関連株も買われた。このほかドル指数が1カ月ぶり水 準に下げる中で素材株の指数は6営業日続伸となった。

S&P500種は4月20日に4カ月ぶり高値に上昇した後に勢いを失 ったが、再び盛り返してきている。同指数はここ11営業日で8日上昇し た。

この日S&P500種の業種別10指数では資本財・サービスや素材、 公益、生活必需品が最も上げた。一方で電気通信サービスとエネルギー は下げた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は0.2%上げて14.08。

この日は鉄道株の上げが大きい。ユニオン・パシフィックは5営業 日続伸と、8カ月で最長の連続高。ノーフォーク・サザンやCSXも上 昇した。CSXの最高財務責任者(CFO)はこの日、ドイツ銀行主催 の会議で「明るい価格環境」と米消費の強さを予想していると述べた。

ヘルスケア株ではユナイテッドヘルスが2.5%と上げをけん引。同 社は配当を25%引き上げた。

原題:U.S. Stocks Climb, S&P 500 Index Edges Nearer to All-Time High(抜粋)

◎米国債:続伸、10年債利回り2カ月ぶり低水準-間接入札が過去最高

8日の米国債相場は続伸。10年債利回りは2カ月ぶり低水準を付け た。10年債入札(規模200億ドル)ではプライマリー ディーラー(政府 証券公認ディーラー)を通じた投資家の間接的な落札が過去最高となっ た。

間接入札者の落札全体に占める割合は73.6%と、データがさかのぼ れる2003年以降で最高となった。ストーン・アンド・マッカーシー・リ サーチ・アソシエーツによると、落札利回りは入札前取引の利回り を0.4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下回り、価格は入札 前取引が示す水準よりも高かった。

10年債は割高とみなされる水準にあるものの、入札への需要は強か った。5月の雇用統計が予想を下回り米国債が上昇した3日、ニューヨ ーク連銀が開発した金融モデルに基づく10年物タームプレミアム(期間 に伴う上乗せ利回り)は1962年以来の低水準となった。

ジェフリーズ・グループの短期金融市場エコノミスト、トーマス・ サイモンズ氏は「行き先を探している投資資金が世界的にだぶついてい るのは明らかだ」と指摘。「そういった機会はなかなか見つからない」 と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ニューヨ ーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比2bp低下の1.70%と、 終値ベースで4月7日以来の低水準付近。同年債(表面利率1.625%、 償還2026年5月)価格は1/8高の99 9/32。

マイナス利回りとなっているソブリン債の総額が世界で10兆ドルを 超える中、国外投資家を中心に米国債への需要が強まっており、10年債 入札は2カ月連続で間接入札が記録的な水準となった。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、米10年債利回りは6カ 国を除いて全ての先進国の国債利回りを上回っている。ドイツ10年債利 回りはこの日、過去最低の0.033%に低下。ブルームバーグ・グローバ ル先進国ソブリン債指数は前日に0.619%と、データの集計が始まっ た2010年以降で最低となった。

米財務省が7日発表したデータによると、5月の2年、5年、7年 債の入札は海外投資家からの需要に支えられて活況となった。TDセキ ュリティーズの分析によれば、5月24ー26日に実施されたこれら3つの 入札(総額880億ドル)では海外勢が26.7%を占め、2011年以降で最大 の比率となった。

米財務省は7日に240億ドル相当の3年債入札を実施した。9日に は120億ドル規模の30年債入札を実施する予定。

原題:U.S. 10-Year Yields Touch Two-Month Low on Record Indirect Bids(抜粋)

◎NY金:反発、ECBが刺激薬」投与-年初来上昇率は79年来最大

8日のニューヨーク金先物相場は反発。欧州中央銀行(ECB)が 社債購入を開始したことを手掛かりに、金買いが活発になった。金は今 年に入って19%高と、1979年以来の大幅上昇となっている。

BMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレク ター、タイ・ウォン氏は「ECBが市場に刺激薬を投与し、金は重要な 水準である1250ドルを上抜けた」と電子メールで指摘。「金利をさらに 引き下げようとするドラギECB総裁の決意が、投資家の金買い意欲に 火をつけた」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日 比1.2%高の1オンス=1262.30ドルで終了。一時は1267.20ドルと、中 心限月としては5月18日以来の高値をつけた。銀先物も上昇。ニューヨ ーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムとプラチナも値上がり。

原題:ECB ‘Monetary Amphetamine’ Propels Gold to Best Start Since ’79(抜粋)

◎NY原油:続伸、10カ月ぶり高値-米在庫減少で需給改善

8日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続伸し、約10カ月ぶり高値に達した。 米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で米原油在庫の減少が明らか になり、供給超過が緩和された。ただ、ガソリンと留出油の在庫が予想 外に増加したことから原油価格は一時、方向を転じる場面もあった。

マニュライフ・アセット・マネジメント(トロント)のシニア株式 アナリスト、キャバン・イー氏は「在庫取り崩しは今後も続くというの が当社の予想だ」と述べ、「需給は均衡に近づき、その結果として原油 価格は年末にかけて上昇するだろう」と予想した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比87セント(1.73%)高い1バレル=51.23ドルで終了。終値ベースで 昨年7月15日以来の高値となった。ロンドンICEの北海ブレント8月 限は1.07ドル(2.1%)上昇の52.51ドル。

原題:Oil Climbs to 10-Month High as U.S. Crude Stockpiles Decline(抜粋)

◎欧州株:3日ぶり下落、銀行と自動車安い-景気懸念で利益確定

8日の欧州株式相場は反落。指標のストックス欧州600指数は前日 まで2営業日の上昇幅が2週間ぶりの大きさとなっていた。銀行株と自 動車株の下げが目立った。

スペインとイタリアの銀行が売られ、ウニクレディトとポプラー ル・エスパニョール銀行はいずれも4%前後の値下がりに見舞われた。 オーストリアのエルステ・グループ・バンクは3.8%下落。大株主の保 有株売却が嫌気された。決済処理サービスを手掛けるフランスのインジ ェニコ・グループは7.2%安と急落。同業の米ベリフォン・システムズ が通期の利益と売上高の見通しをいずれも引き下げたことが売り材料と なった。

ストックス600指数は前日比0.5%安の344.56で終了。ユーロ高が輸 出企業の重しとなり、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン (VW)とBMWも売られた。世界銀行は7日、今年の世界経済の成長 率見通しを下方修正。下振れリスクが年初以降に一段と鮮明になったこ とを理由に挙げた。

CMCマーケッツの市場アナリスト、マイケル・ヒューソン氏(ロ ンドン在勤)は「経済データが悪くはないがそれほど良くもない場合、 市場は概して方向感を見いだすのに苦慮する」と指摘。「結局のとこ ろ、世界の見通しは極めて弱いままだ。世銀は見通しを引き下げただけ でなく、リスクが下振れに傾いていることも示唆した。利益確定の動き がやや出ている」と語った。

原題:European Stocks Drop for First Time in Three Days; Banks Retreat(抜粋)

◎欧州債:独10年債利回り過去最低更新-週内にもゼロとコメルツ銀

8日の欧州債市場ではドイツ10年債利回りが過去最低を更新した。 同国債の取扱額が大きいコメルツ銀行によれば、同利回りは週内にもゼ ロに達する公算が大きい。

同行の金利戦略責任者を務めるミヒャエル・ライスター氏(フラン クフルト在勤)は、市場がゼロの「水準を試すようだ」とし、「週内に 起こり得ると思う。勢いは極めて強く、ゼロまでそれほど離れていな い」と語った。

米雇用市場の減速兆候や英国の国民投票、ECBの金融緩和策の効 果が和らいだことを背景に、ドイツ国債は上げ基調にある。イエレン米 連邦準備制度理事会(FRB)議長が6日の講演で拙速な利上げはしな いと示唆したことも、利回り低下を促す要因となった。

ロンドン時間午後4時19分現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ 変わらずの0.06%。一時は0.033%まで下げ、過去最低を記録した。同 国債(表面利率0.5%、2026年2月償還)価格は104.26。

原題:German Bund Yield Drops to Record, Commerzbank Says 0% Possible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE