ジャナスのグロース氏運用のファンド、1年余りで最大の資金流入

  • 5月の流入額は約1億4400万ドル、14年12月以来の最大
  • 2016年のリターンは3.3%、競合の7割超を上回る

ビル・グロース氏が運用するミューチュアルファンド「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」に、2014年12月以降で最大となる推計約1億4400万ドル(約154億円)の投資資金が5月に流入した。

  ブルームバーグがまとめたデータによると同ファンドのリターンは今年3.3%で、成績は競合ファンド76%を上回っている。グロース氏が運用を開始した12年10月以降のリターンは2.3%。グロース氏はポートフォリオマネジャー、クマール・パールガート氏の補佐を得て、同ファンドを運用している。

  ブルームバーグの見積もりによれば5月の流入額は1億4350万ドルで、3カ月連続の純流入となった。

  ジャナスの広報担当エリン・パッサン氏は、ファンドの資金フローに関するコメントを控えた。

原題:Gross Reaps Biggest Inflow in More Than a Year at Janus Fund (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE