欧州債:独10年債利回り過去最低更新-週内にもゼロ試すとコメルツ銀

8日の欧州債市場ではドイツ10年債利回りが過去最低を更新した。同国債の取扱額が大きいコメルツ銀行によれば、同利回りは週内にもゼロに達する公算が大きい。

  同行の金利戦略責任者を務めるミヒャエル・ライスター氏(フランクフルト在勤)は、市場がゼロの「水準を試すようだ」とし、「週内に起こり得ると思う。勢いは極めて強く、ゼロまでそれほど離れていない」と語った。

  米雇用市場の減速兆候や英国の国民投票、ECBの金融緩和策の効果が和らいだことを背景に、ドイツ国債は上げ基調にある。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が6日の講演で拙速な利上げはしないと示唆したことも、利回り低下を促す要因となった。

  ロンドン時間午後4時19分現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの0.06%。一時は0.033%まで下げ、過去最低を記録した。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償還)価格は104.26。

原題:German Bund Yield Drops to Record, Commerzbank Says 0% Possible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE