米監督当局、外銀4行の「生前遺言」提出期限を1年延長

米連邦準備制度理事会(FRB)および連邦預金保険公社(FDIC)は8日、英銀バークレイズクレディ・スイス・グループ、ドイツ銀行UBSグループに対し、経営破綻時の事業整理計画の提出期限に関して1年延長を認めると発表した。

  「FRBが定める中間持ち株会社の設立義務に従うためこれら金融機関が大幅な事業再編に取り組んでいる状況を考慮」し、今年7月からの1年間の期限延長を認めたと、FRBとFDICは説明した。

原題:Foreign Banks Get Year Extension to File Living Wills (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE