香港H株が9日続伸、9年で最長の上昇局面-上海総合指数は下落

更新日時

8日の香港株式市場で中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は9営業日続伸。2007年3月以来で最長の上昇局面となった。

  瑞東金融市場の調査責任者、スティーブ・ワン氏は香港市場について、「本土よりもセンチメントは良好だ」と指摘。「香港株が本土株に比べると割安であることが幾らかの資金流入を招いている」と述べた。

  H株指数は前日比0.3%高の9027.82と、4月28日以来の高値で終了。5月19日の安値からは9.5%上昇したが、年初来では6.6%下落している。

  9営業日で大きく上昇したのは長城汽車(2333 HK)や龍源電力集団(916 HK)、中海油田服務(2883 HK)など。中信証券(6030 HK)を中心に証券株もこの上昇局面で買われた。

  中国本土市場では上海総合指数が前日比0.3%安の2927.16で引けた。年初来の下落率は17%と、世界の主要93株価指数で最大の下げとなった。9、10両日の本土市場は祝日のため休場となり、9日は香港市場も休場。

 
原題:China’s H Shares Gain in Longest Winning Streak for Nine Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE