コーエン氏ポイント72、元ゼニット運用者ヘッジス氏をロンドンで採用

資産家スティーブン・コーエン氏の個人資産を運用するポイント72アセット・マネジメントは元ゼニット・アセット・マネジメントのマネーマネジャー、トム・ヘッジス氏を採用したと発表した。

  ヘッジス氏は7月5日にポイント72に入社し、金融セクターに集中する。ポイント72の広報担当、ジェシカ・シェファー氏が7日に電子メールで明らかにした。ヘッジス氏はポイント72での任務についてコメントを控えた。

  シェファー氏によると、ポイント72はロンドンで存在感を高めており、人員を70人に増やす方針。英バークレイズの元株式ディストリビューション共同責任者、ウィル・トビー氏はポイント72のロンドンオフィスの責任者に今年起用されており、複数のマネーマネジャーがムーア・キャピタル・マネジメントやGLGパートナーズなどのヘッジファンドから採用されている。

  「われわれは欧州市場に多くのチャンスがあると考えており、今年はロンドンでのプレゼンスを高めていく方針だ」とシェファー氏は述べた。

  ゼニットはスウェーデン初のヘッジファンド。71%を所有する投資会社ブルーマー・アンド・パートナーズは2月にゼニットの投資を清算し同ファンドを閉鎖すると発表していた。

原題:Cohen’s Point72 Hires Ex-Zenit Money Manager Hedges in London(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE