米ガソリン先物はここ10年で最も軟調、走行距離増加でも-チャート

  米国では自動車走行距離が過去最大に達し、ガスガズラー(ガソリンがぶ飲み車)の大型スポーツ型多目的車(SUV)が売れているにもかかわらず、ガソリン価格はここ約10年で最も軟調となっている。先物市場では7月限が8月限を0.76セント下回り、価格はこの時期としては少なくともここ約10年で最も軟調となっている。みずほセキュリティーズUSAのボブ・ヨーガー氏によれば、供給が潤沢である一方、今年に入ってこれまで非常に好調だった需要が予想を下回るとみられる。

原題:Gasoline Futures Weakest in Decade Even as Drivers Rev Up: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE