証券アナリスト資格、学習や費用に値するか-価値の数値化は困難

更新日時
  • CFA資格に言及する求人の大半で提示される報酬は10万ドル未満
  • 資格の価値を「数値化するのは難しい」とCFA協会

米ニュージャージー州からインドのニューデリーまで、世界の金融業界人が今月、CFA協会認定証券アナリスト(CFA)試験を受けた。問題はこれが時間と金を費やすに値する資格かどうかだ。

  3段階の試験に合格して投資に関する国際資格を得るには1段階につき300時間余りの学習が必要なほか、教材や試験準備講習のために数千ドルがかかる。一方、履歴書にこの資格を記載することの金銭的な価値を示す信頼できるデータはほとんどない。合格を目指し学習を始めた5人のうち4人が挫折するという厳しい現実もある。

  高い金銭的価値がすぐに得られる可能性は低そうだ。人材紹介会社ファイドン・インターナショナルの調査によれば、報酬が明記されていてCFA資格に言及している求人のほぼ73%は、給料が10万ドル(約1070万円)未満。

CFA試験風景

Photographer: Jade-Snow Moy. Bloomberg News.

  受験者たちは情報に飢えている。報酬面や良い職を得る機会という面でのCFA資格の価値についてのオンラインフォーラムに毎年、何百人もが集まる。試験の難しさに照らして価値は高いに決まっているという声が多い。

  資格認定を行う非営利団体のCFA協会は報酬などのデータを集めてはいない。CFAの資格認定担当マネジングディレクターのスティーブ・ホラン氏は、「雇用主と被雇用者に双方にとって価値ある資格であることは確実だ。ただ、その価値を数値化するのは難しい」と語った。

  CFA協会は資格保有者と受験者の勤務先は把握している。JPモルガン・チェースを筆頭に世界の大手銀行が多い。インタビューに答えた6人の採用担当者によれば、CFA資格は報酬を高めたり職を得たりすることにつながる可能性がある。面接担当者がたまたま資格保有者であった場合は、特にその傾向がある。ただ、同資格が必須である場合は少ないという。

  同協会の先週の発表によれば、今年の6月試験には183カ国から過去最多の17万2682人が申し込んだ。

原題:CFA Payoff Elusive for Legions Crowding Into Its Grueling Exams(抜粋)

(第4、5段落と最終段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE