LME銅:約1カ月ぶり大幅下落-指定倉庫の在庫急拡大で

7日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。在庫急増が響いた。

  LME指定倉庫の銅在庫は2日間で28%増と、2004年以来の大きな伸びを示した。この1年にわたって在庫は着実に減少していた。

  ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏(ロンドン在勤)は電話取材に対し、「銅在庫が驚くほど増えており、変化の大半はアジアの倉庫で起きた」と指摘。「需要が非常に弱いことから、銅が中国から域内のLME指定倉庫に運ばれている」と説明した。

  LME銅相場(3カ月物)は前日比2.6%安の1トン=4567ドルで終了。約1カ月ぶりの大幅な下げとなった。金属の最大消費国である中国での鈍い需要とドル上昇を背景に、過去1年で23%下落している。

原題:Copper Trend Flips as LME Warehouses Get Most Metal in a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE