6月7日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル指数、1カ月ぶり低水準-米金利据え置き観測で

7日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドル指数は1カ 月ぶり安値水準を付けた。米金融政策当局が近く利上げを実施する可能 性はないとの見方が広がった。

ドルは主要通貨と新興市場通貨の大半に対して下げた。イエレン米 連邦準備制度理事会(FRB)議長は6日、米国経済への向かい風が収 まるのには数カ月間を要する可能性があると述べた。先週のドルは5月 の米雇用者数の伸びが約6年ぶり低水準にとどまったことに反応して下 げた。

A.G.ビセット・アソシエーツの最高経営責任者(CEO)、ウ ルフ・リンダール氏は「ドルの地合いがゆっくりと悪くなっているのは 明らかだ」と述べ、ドルは対円やユーロ、新興市場通貨に対して「今後 6カ月間で下落するだろう」と続けた。金融政策当局よる引き締めに圧 力がかかるとの見方が背景だ。

先月のドルは月間ベースで上昇したが、今月に入ると再び下げてい る。低調な雇用統計や利上げ観測が遠のいていることが背景にある。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.4%低下。ドルはユーロに対してほぼ変わらずの1ユーロ =1.1358ドル。対円では0.2%下げて1ドル=107円37銭。新興国20カ国 の通貨で構成する指数は0.6%上昇し、5月3日以来の高水準となっ た。

今月14ー15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金利が引き上げ られる確率はゼロとなっている。1週間前は24%だった。年末までの利 上げを見込む確率は59%となっている。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏(ロンドン在勤)は「ドルの回復はここにきて停 滞した。先週発表された予想外に弱かった雇用統計と、金融政策当局は 夏の利上げを9月以降に見送る可能性が高いとの観測が背景だ」と述べ た。

ブルームバーグがまとめたアナリスト予想によると、ドルは年末ま でに対ユーロで1ユーロ=1.10ドル、対円で1ドル=115円に上昇する と見込まれている。

原題:Dollar Falls to 1-Month Low as Traders See Fed Staying on Hold(抜粋)

◎米国株:続伸、S&P500種は過去最高値付近で推移-終盤に失速

7日の米株式市場ではS&P500種株価指数が続伸。ただ取引終了 前の1時間にそれまでの上げのほとんどを失う展開となった。エネルギ ー株や航空株が特に上げた。一方でヘルスケア株や銀行株は下落した。

S&P500種は一時、最高値まであと0.5%の水準まで上げていた。 この日は石油会社のシェブロンとエクソンモービルが高い。ブルームバ ーグ米航空株指数はこの2カ月で最大の上げ。ジェットブルー・エアウ ェイズが国内線の運賃を片道当たり3ドル引き上げたことから、他の航 空会社も追随するとJPモルガン・チェースが指摘した。一方でバイオ ジェンが急落するなどヘルスケア株は軟調な展開。バイオジェンは多発 性硬化症治療薬の臨床試験で主要評価項目を達成しなかったことが嫌気 された。

S&P500種株価指数は前日比0.1%高の2112.13。これは終値ベー スで昨年7月以来の高値。一時は0.5%上昇していた。ダウ工業株30種 平均は17.95ドル(0.1%)上げて17938.28ドル。一時は4月以来で初め て1万8000ドルを上回る場面もあった。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの株式ストラテジスト、ジ ーナ・マーティン・アダムズ氏はブルームバーグテレビジョンのインタ ビューで、「世界的な視点から米国株を見ると、これだけの高値に達す る、もしくは接近するのはかなり驚くべきことだ」と指摘。「ただ先を 見通した場合、次の成長源を見つけるのに苦慮してしまう。足かせ要因 はもう消えたかもしれないが、成長はどこから来るのだろうか。その結 果、相場は横ばいとなるだろう。投資コミュニティーのリスク寛容度は 非常に限られているからだ」と続けた。

この日はエネルギー株が最も大きく上げ、昨年11月以来の高値とな った。原油相場の上昇が手掛かり。エネルギー省が8日に発表する週間 在庫統計では3週連続での在庫減少が予想されている。S&P500種エ ネルギー株指数の構成銘柄では3銘柄を除き全てが上昇した。

S&Pスーパーコンポジット住宅建設指数も上昇。パルトグループ は同社株式をヘッジファンド運営会社エリオット・マネジメントが取得 したと発表した。同業のレナー、トール・ブラザーズも上昇した。

原題:U.S. Stocks Advance With S&P 500 Trading Near All-Time High(抜粋)

◎米国債:反発、欧州債につれ高-3年債落札利回り3月以来の高水準

7日の米国債相場は反発。3年債入札(規模240億ドル)の落札利 回りが3月以来の高水準となったものの、欧州国債の上昇につれて買い が入った。

ドイツ10年債利回りが過去最低に低下する中、米10年債利回りも低 下した。3年債は入札前取引が示唆する価格よりも安い水準で落札され た。プライマリー ディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接 入札の割合は2009年以降で最低となった。ストーン・アンド・マッカー シー・リサーチ・アソシエーツはこれについて、「弱い需要」を示唆し ていると指摘した。投資家が金利上昇リスクを相場が示唆するよりも高 く認識している可能性を示している。

3日発表の雇用統計が予想よりも弱い内容となり、来週の連邦公開 市場委員会(FOMC)会合での利上げ確率はゼロとなった。

FTNファイナンシャルの金利戦略責任者、ジム・ボーゲル氏は入 札後に顧客向けに書いたリポートで、「割高な相場が今朝、さらに割高 になり、買いが控えられた」と指摘した。

この日を含め今週の入札での発行総額は560億ドル。先月の大規模 な入札では過去最高の需要を集めた。フィッチ・レーティングスによる と、マイナス利回りとなっているソブリン債の総額は全世界で10兆ドル を超えており、米国債の需要が高まっている。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ニューヨ ーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)低下の1.71%。同年債(表面利率1.625%、償 還2026年5月)価格は99 5/32。

3年債入札の最高落札利回りは0.930%。入札前取引の入札締め切 り直前の利回りは0.928%だった。

米財務省は8日に200億ドル相当の10年債、9日に120億ドル相当 の30年債入札を実施する。

先月実施された2年、5年、7年の入札ではそれぞれ落札価格が入 札前取引の示唆する水準を上回った。TDセキュリティーズのデータに よれば、2010年以降の入札実施週でそうなったのはわずか12%。

ブルームバーグがまとめたデータによると、金利先物市場は7月の 利上げ確率を20%、今月の利上げ確率をゼロと示唆している。5月の雇 用統計が発表される前日には6月の利上げ確率は22%、7月は55%とな っていた。

原題:Treasuries Climb as U.S. Sells $24 Billion of Three-Year Debt(抜粋)

◎NY金:反落、中国が金準備積み増しを控える-現物需要減速を警戒

7日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに下落。世界最大の 金消費国である中国が5月に金準備の積み増しを控えたことを背景に、 現物需要が弱まりつつあるとの懸念が強まった。中国は4月まで10カ月 連続で金準備を増やしていた。

シンクフォレックスUKのチーフ市場アナリスト、ナイーム・アス ラム氏は「中国が金の積み増しを減らし始めるなら、金の現物市場はか なり厳しい局面を迎える可能性がある」と電子メールで指摘。「中国は 市場における主要プレーヤーの一角だ。貴金属はなお上昇する可能性が あるとの見方を当社では維持している」とし、金融市場には不透明感が 多すぎると述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日 比0.1%未満下げて1オンス=1247ドル。銀先物も下落。ニューヨーク 商業取引所(NYMEX)のパラジウムは値下がり。プラチナは上昇。

原題:Gold Declines as China Snaps Streak of Purchasing for Reserves(抜粋)

◎NY原油:続伸、約10カ月ぶりのバレル当たり50ドル台引け

7日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続伸し、約10カ月ぶりにバレル当た り50ドル台に乗せて引けた。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計 発表を控え、米国の原油在庫は3週間連続で減少したと見込まれてい る。ロイヤル・ダッチ・シェルは武装勢力に攻撃されたナイジェリアの 主要パイプラインについて、当面は修復を試みないと明らかにした。

SCSコモディティーズ(ニュージャージー州)のエネルギー・デ リバティブ・ブローカー、クレイトン・ロジャーズ氏は「最も自然な流 れは原油がなお上昇を続けることであり、ナイジェリアでの生産障害と 8日のEIA統計が強い内容になるとの期待がこのトレンドを後押しし ている」と指摘。「今の市場がいかにレンジ相場になっているかという のが、現状を物語っていると思う」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比67セント(1.35%)高い1バレル=50.36ドルで終了。年初から は36%の値上がり。ロンドンICEの北海ブレント8月限は89セント (1.8%)上昇の51.44ドル。

原題:Oil Settles Above $50 for First Time in More Than 10 Months(抜粋)

◎欧州株:2週ぶり大幅高、銀行株高い-FRB議長発言と景気拡大兆し

7日の欧州株式相場は2週間ぶりの大幅上昇となった。イエレン米 連邦準備制度理事会(FRB)議長が米景気への信頼をあらためて表明 した上で、拙速な利上げはしないと示唆したことが背景。欧州の景気に 進展の兆しが表れたことも相場を後押しした。

指標のストックス欧州600指数は前日比1.1%高の346.26で終了。西 欧市場の主要株価指数の中で、ドイツのDAX指数の上げが目立った。 投資回復を手掛かりに同国の鉱工業生産が4月に増加に転じたことが好 感された。欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が発表したユー ロ圏の1-3月期域内総生産(GDP)成長率(確定値)は従来の見込 みを上回った。

TFグローバル・マーケッツの市場アナリスト、ナイーム・アスラ ム氏は「イエレン議長の前日の講演で、6月利上げが排除されたことが 分かった」と発言。「ユーロ圏の経済状況は改善しつつある。ドイツ鉱 工業生産のデータもセンチメント改善に役立った」と語った。

ギリシャのアテネ総合指数は2.3%上昇と、西欧市場で最大の値上 がりを記録。EUの行政執行機関である欧州委員会が、救済プログラム の見直し完了に必要な措置を同国が講じつつあると評価した。イタリア のFTSE・MIB指数は2%高。銀行が買われ、ポポラーレ・ディ・ ミラノ銀行(BPM)は7.6%上昇した。

原油高を背景にフランスのトタルと英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェ ルがそれぞれ3%強上げるなど、石油・ガス銘柄はストックス600指数 の業種別19指数の中で上昇率が首位だった。スウェーデンのルンディ ン・ペトロリウムは2013年以来の高値を付けた。周辺国を中心に銀行株 も堅調だった。

原題:Europe Shares Rise on Yellen’s U.S. Reassurance, Signs of Growth(抜粋)

◎欧州債:独10年債利回り、過去最低更新-景気懸念などで需要強まる

7日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。域内で最も安全とされる 同国債の需要が強まり、10年債利回りは過去最低を更新した。

米雇用市場の減速兆候や英国の欧州連合(EU)残留・離脱の是非 を問う国民投票に加え、前例のない支援策の効果が和らいだことが背景 にある。

みずほインターナショナルの金利戦略責任者、ピーター・チャトウ ェル氏(ロンドン在勤)は「ドイツ国債利回りがこれほど低い理由は極 めて多く存在する」とし、「英国の国民投票をめぐる不透明感のため、 現時点でショートポジションを検討することは極めて難しい」と語っ た。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.05%。一時は0.045%ま で低下し、昨年4月に付けたこれまでの最低である0.049%を下回っ た。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償還)価格は0.36上げ104.35 となった。

原題:German 10-Year Bond Yield Falls to Record on Global Growth Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE