ライアン下院議長:トランプ氏支持を継続、「人種差別」発言でも

ライアン米下院議長は7日、大統領選挙で共和党候補指名が確実となったドナルド・トランプ氏の米国人判事に対する発言は「まったく容認できない」としながらも、同氏を今後も支持すると表明した。トランプ氏はメキシコ系米国人の同判事に対して民族性を根拠に攻撃した。

  ライアン議長はワシントンの記者会見で、「トランプ氏の一連の発言を完全に否定する。すべて不適切だ」と述べ、「人種を理由に職務を正当に遂行できないと主張するのはまさに典型的な人種差別発言だ」と発言した。その上でライアン議長は、民主党候補指名が見込まれるヒラリー・クリントン氏が大統領になった場合よりもトランプ氏がなった場合の方が、共和党の提示する法案が成立する可能性は高いと述べた。

  ライアン議長は「下院議長としての責務は党内を引き続きまとめていくことだ」と述べ、トランプ氏とは選挙戦のトーンについて協議したことを明らかにした。

原題:Ryan Says Trump Made ‘Racist Comment’ But Repeats Endorsement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE