イスタンブールで自動車爆弾テロ、警察を標的-11人死亡、36人負傷

トルコのイスタンブール旧市街地区で7日、警察車両を狙った自動車爆弾テロが発生し、11人が死亡、36人が負傷した。同国ではクルド系武装組織「クルド労働者党」(PKK)や過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロ攻撃再発に対する不安が高まっている。

  犯行声明はまだ出てない。爆発が起こったベズヤット地区はイスタンブール大学やグランドバザールなどの歴史的名所から遠くない。イスタンブール県のシャヒン知事によれば、死亡者には警官7人が含まれる。

  昨年10月以降、PKKとイスラム国はいずれもイスタンブールと首都アンカラでテロ攻撃を行っている。トルコ政府は南東部2都市で展開した軍事活動の終了を発表したばかり。数カ月にわたるこの活動で、約1000人のPKKメンバーが殺害された。PKK幹部は先週、トルコ全域に暴力行為を広げると表明していた。

原題:Istanbul Car Bomb Kills 11, Wounds Dozens as Police Targeted (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE