7日のインド株式相場は7カ月ぶり高値を付けた。インド準備銀行(中央銀行)は政策決定会合で政策金利を据え置いたものの、緩和的姿勢を堅持する方針を示した。

  指標のS&P・BSEセンセックスの構成銘柄の中で、ICICI銀行とインドステイト銀行の上げが目立った。消費財メーカーのヒンドゥスタン・ユニリーバは約1カ月ぶり高値、たばこ会社ITCは1年3カ月ぶりの高値までそれぞれ買い進まれた。製薬会社サン・ファーマシューティカルズ・インダストリーズは7営業日ぶりに値上がりした。

  センセックスは前日比0.9%高の27009.67で終了。昨年10月末以降で初めて2万7000の大台に乗せた。ラジャン総裁率いるインド中銀は政策金利を5年ぶり低水準となる6.5%に据え置いた上で、状況が許す限り利下げする意思を持ち続けていると明らかにした。

原題:Indian Stocks Climb to 7-Month High as Banks Rise After RBI Meet(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE