野村HDの香港現法を台湾の6行が提訴-14年の協調融資めぐり

野村ホールディングス(HD)の香港現地法人を台湾の銀行6行が6日提訴した。すでに破綻したシューズメーカー、ウルトラソニックへの協調融資で、野村側が約束分を供与しなかったと主張している。

  国泰世華銀行の広報担当(台北在勤)、ウィニー・チャン氏によれば、台北の地方裁判所に訴えられたのは野村国際(香港)。

  華泰銀行や台湾企銀なども含む6行は共同資料で、中国で靴などを生産していたウルトラソニック向けの協調融資6000万ドル(約65億円)について、2014年8月8日の合意に基づき野村側が約束していた900万ドルが支払われなかったと説明。チャン氏はこの融資が同月減額され、借り手であるウルトラソニックが元利払いできなかったことを確認した。

  野村側の広報担当アーロン・パン氏(香港在勤)はブルームバーグの問い合わせに対し、「ウルトラソニックの案件に関するプレスリリースは認識しているが、訴訟の正式通知をまだ受け取っていない。従って現時点でこれ以上のコメントはできない」と述べた。

原題:Nomura Sued by Six Taiwanese Banks Over Soured Syndicated Loan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE