米「プレイボーイ・マンション」、隣人に100億円超で売却

  • 富豪の2代目ダレン・メトロポロス氏が購入契約
  • 「プレイボーイ」誌創刊者ヘフナー氏が引き続き居住

米男性誌「プレイボーイ」を創刊したヒュー・ヘフナー氏が住む米ロサンゼルスの大豪邸「プレイボーイ・マンション」が、1億ドル(約107億円)を超える価格で売却されることになった。買い手は富豪の息子(32)で、既に隣接する物件を所有している。

  カリフォルニア州ホルンビーヒルズの物件を購入する契約を結んだ買い手のダレン・メトロポロス氏は、投資会社メトロポロス・アンド・カンパニーの代表者であり、製菓会社ホステス・ブランズの共同出資者でもある。メトロポロス氏の代理人によると、ヘフナー氏は同邸宅に引き続き居住する。

  プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資家のディーン・メトロポロス氏(70)の息子ダレン氏は、プレイボーイ・マンションに隣接する物件を同氏の個人的住居として2009年に1800万ドルで購入。ゆくゆくは2物件を連結したいと希望していると発表した。プレイボーイ・マンションの年初の売却希望額は2億ドルだった。

  メトロポロス一族はかつて、ビールの「パブストブルーリボン」やシャンパンの「ペリエジュエ」、チョコレートの「ギラデリ」、ケーキミックスの「ダンカンハインズ」を含む数々のブランドを保有、その後売却した。

  プレイボーイ・エンタープライゼズの広報担当者、ジョン・ブローティン氏はメトロポロス氏が買い手であることを認め、それ以上の詳細情報の提供を控えた。

  プレイボーイ・マンションの広さは約1900平方メートルで、29室、ホームシアター、ジム、テニスコート、洞窟付きプールなどを備えている。1971年にヘフナー氏が105万ドルで購入、現在はプレイボーイ・エンタープライゼズが所有しており、へフナー氏に貸与している。

  売却契約成立については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が最初に報じた。

原題:Playboy Mansion to Sell to Neighbor for Over $100 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE