中国人民元:通貨バスケットに対し続落-人民銀が元安誘導との観測で

更新日時

中国人民元は7日、貿易加重ベースの通貨バスケットに対して続落。2営業日として、2月以降で最も大きな下げとなっている。中国当局が景気減速への対応で元安に誘導しているとの観測が強まった。

  人民元は今週に入ってから通貨バスケットに対し0.8%下落し、2014年10月以来の低水準となった。上海市場の人民元はドルに対し現地時間午後2時52分(日本時間同3時52分)現在、前日比0.1%安の1ドル=6.5718元。中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを1週間ぶりの大きさで引き下げた。

  オフショア人民元は0.2%安の6.5759元。9、10日の本土市場は祝日のため休場となる。

原題:Yuan Posts Biggest Two-Day Drop Versus Basket Since February(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE