シティ:鉄鉱石価格予想引き上げ-中国の需要、「予想外に」増加も

  • 中国政府の景気刺激策で需要が拡大する可能性:シティ
  • 10-12月の鉄鉱石価格見通しを21%上方修正

鉄鉱石価格が底入れするまでにはより長い期間を要するとの見通しを、シティグループが示した。中国が景気てこ入れの取り組みを強化する一方、鉱山会社のコストが上昇する可能性があるためと説明している。同行は価格見通しを最大21%引き上げた。

  シティグループは7日のリポートで、鉄鉱石価格が7-9月(第3四半期)に1トン=48ドル、10-12月(第4四半期)に46ドルになると予測。従来予想は7-9月が46ドル、10-12月が38ドルだった。今年の平均は49ドル、来年は42ドルとなり、2019年には38ドルに下落するとみている。

  トレーシー・リャオ氏らシティグループのアナリストらは「中国の需要が予想外に上向く可能性がある。鉄鉱石価格の中長期的な見通しについては引き続き弱気で、海上輸送される鉄鉱石の価格が底入れするにはさらに長い期間がかかると予想している」と述べた。

  メタル・ブレティンによると、鉄分62%の鉄鉱石の価格は6日、前週末比2.1%高の1ドライトン=51.11ドル。3日は前日比3.9%上昇した。年初来では17%値上がりしているものの、4月に付けた高値70.46ドルを依然として大幅に下回っている。

原題:Citigroup Raises Iron Ore Outlook as China Demand ‘May Surprise’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE