クリントン氏、民主党候補指名に必要な代議員数確保-米大統領選

更新日時
  • 主要政党初の女性の大統領候補へ-サンダース氏は撤退否定
  • 事実上、共和党トランプ氏との大統領選の本選が始まった形

ヒラリー・クリントン前米国務長官は6日、大統領選の民主党候補指名獲得に必要な代議員数を確保した。クリントン氏は米主要政党で初の女性の大統領候補となる見通し。AP通信が報じたもので、この日から事実上、共和党の候補指名が確実となった不動産王、ドナルド・トランプ氏との大統領選の本選が始まった形だ。

  この結果、民主党の指名獲得レースでクリントン氏と争ってきたバーニー・サンダース上院議員に対し、撤退を迫る圧力が一段と強まった。

  クリントン氏はこの日、遊説先のカリフォルニア州コンプトンで記者団に対し、「素晴らしい旅だった」と述べた上で、「女性大統領の誕生は、米国がどのような国か、そしてわれわれが何を体現するのかについての偉大かつ歴史的な表明になろう。本当に感動的だ」と語った。

Democratic presidential candidate Hillary Clinton

  クリントン陣営にとっては代議員数の確保は喜ぶべきことだが、接戦が伝えられる大票田のカリフォルニア州の予備選前夜というタイミングで伝えられたため、支持者らが投票に足を運ばないのではないかとの懸念も一部ある。

  5日にはオバマ大統領が本選に向け民主党内の結束を固めるため、サンダース氏と電話協議したと報じられていた。サンダース氏は6日、指名獲得レースにとどまる意向をあらためて表明した。

  また事情に詳しい関係者によれば、オバマ大統領はクリントン氏が候補指名獲得に必要な代議員数を確保した後、週内にもクリントン氏支持を表明する可能性がある。ただ具体的なスケジュールは決まっていないという。

原題:Clinton Clinches Democratic Presidential Nomination(抜粋)

(3段落目以降にクリントン氏の発言などを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE