72歳ファンドマネジャー、内需一徹日本株に勝つ-設定来400%高

更新日時

半世紀近くにわたり日本株を運用する72歳の現役ファンドマネジャーのこだわりは長期視点、内需成長株への集中投資だ。英国時代に身に付けた投資哲学を頑なに守り、スタートから20年目を迎えた運用ファンドの設定来上昇率はプラス400%超と、同期間にマイナス15%だったTOPIXを圧倒した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。