コンテンツにスキップする

NY外為:ドル3週ぶり安値、イエレン議長は利上げ時期特定せず

更新日時

6日のニューヨーク外国為替市場でドルは3週ぶり安値をつけた。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は緩やかな追加利上げが適切になるとの認識を示したものの、利上げの具体的なタイミングには触れなかった。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数はもみ合い。先週は米雇用者数の伸びが約6年ぶり低水準にとどまったことに反応して下げた。イエレン議長は6日にフィラデルフィアで講演。経済見通しについて「4つの不確実な分野」を注視していると発言した。

Dollar Touches Low

  アバディーン・アセット・マネジメントのシニアポートフォリオマネジャー、リン・チェン氏は「イエレン議長の発言は市場参加者が予想していたより、わずかにタカ派的ではないと受け止められた」と述べ、「議長はタイミングや事前に設定されたコースについて言及しなかった。それが市場にはハト派的な印象を与えたのだろう」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。一時は5月11日以来の低水準をつけた。3日には1.5%低下と、2月3日以来で最も下げた。

  ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1355ドル。対円では1%上げて1ドル=107円56銭。

  この日のイエレン議長の講演は前回に比べ、利上げ時期についての具体性で劣っていた。議長は5月27日には、米経済の改善が続いており「今後数カ月のうちに」追加利上げが正当化されるとの認識を示していた。

  CIBCの外為戦略担当エグゼクティブディレクター、バイパン・ライ氏は「市場はいくらか懐疑的になっている。もしくはイエレン議長の講演自体に、ドルの楽観を抑え込む不透明感が十分にあった」と述べる。

  今月14ー15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金利が引き上げられる確率は、2%しか先物市場に織り込まれていない。

  ブルームバーグがまとめたアナリスト予想によると、ドルは年末までに対ユーロで1ユーロ=1.10ドル、対円で1ドル=115円に上昇すると見込まれている。

  アクサ・インベストメント・マネジメントのシニアエコノミスト、デービッド・ ページ氏は昨年のような上昇ペースは見られないだろうが今年もドルには「ある程度上昇圧力がみられる」と指摘した。

原題:Dollar Touches 3-Week Low as Yellen Keeps Quiet on Fed’s Timing(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE