NY金:続伸、米利上げ先送り観測台頭-イエレン議長は時期に触れず

6日のニューヨーク金先物相場は上昇し、ほぼ3週間ぶりの続伸となった。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演について、市場は最初タカ派的だと捉えたが、これを見直す動きが広がった。

  TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メレク氏は電話インタビューで、「イエレン議長は米金融当局がどこかの時点で引き締めると述べたが、それが7月だと明言するにはまったく至らなかった」と指摘。「市場に関する限り引き締めはリスクだが、議長はそれが直ちに起きるとの確信を市場に与えなかった」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前週末比0.4%高の1オンス=1247.40ドルで終了。今年の上昇率は18%となった。

  • 銀先物も上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムとプラチナも値上がり

原題:Gold Futures Rise as Bets Mount That Fed Will Delay Rate Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE