ドイツ銀行、米国でのデジタルバンキング計画を白紙に戻す

ドイツの銀行最大手、ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は米国で新たなデジタルバンキングサービスを始める計画を白紙に戻した。計画発表から数カ月での取りやめとなる。

  クライアンCEOは6日、従業員に宛てた書簡で、米国で展開するデジタルバンキングサービスの「優れた青写真」が出来上がったものの、「顧客に提供する商品に重点を置き革新を進めるというコア戦略から、経営資源が分散することになる」として、計画取りやめを決定したと説明した。

原題:Deutsche Bank Abandons Plan for Digital Banking Service in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE