コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ドル指数、4カ月ぶり大幅安から反発-米利上げ観測後退

ロンドン時間6日午前の外国為替市場ではドル指数が反発。5月の米雇用統計が予想を下回る内容だったことから米当局が数カ月以内に利上げするとの観測が後退し、3日にドル指数は2月以降で最大の下落幅を記録していた。

  ロンドン時間午前10時20分(日本時間午後6時20分)現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%上昇。3日は1.5%低下と、2月3日以来の大きな下げに見舞われていた。

  ドルはユーロに対し0.1%高の1ユーロ=1.1354ドル。前週末は1.9%値下がりしていた。対円では0.6%高の1ドル=107円15銭と、5営業日ぶりに上昇した。

Dollar Halts Drop

原題:Dollar Rises After Worst Drop in 4 Months as Fed Rate Bets Pared(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE