Brexit世論調査に疑問-スコットランドや総選挙も外す (訂正)

訂正済み
  • これ以上に予想しづらい投票イベントはないと調査会社ディレクター
  • 明らかな勝利を期待する向きは楽観的過ぎると残留支持派

スコットランド独立の是非を問う住民投票の数日前、ユーガブ(YouGov)の世論調査で独立派がリードしているとの結果が突然示された。結果は決まったも同然と考えていたキャメロン英首相は大慌てとなり、ポンド相場も急落したが、実際の住民投票では10ポイント差で独立が否決された。

  あれから約2年。英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)の賛否を問う6月23日の国民投票を控え、6日公表されたユーガブなどの世論調査の結果では、離脱賛成に投票するとの回答が残留支持を上回った。これはキャメロン首相の最終的な勝利に先立つ不安定な時期にすぎないのか、それとも首相の幸運がいよいよ尽きつつあることを示す兆候と捉えるべきか、今回の国民投票の行方を見極めようとする政治家や世論調査会社にとって、それがまさに問題となる。

  世論調査会社は大して役に立たないことも多い。昨年の英総選挙ではキャメロン首相率いる保守党の過半数議席獲得を正しく予測できず痛手を負っており、国民投票に関する調査の信頼性を疑問視する向きも多い。

  ICMがオンライン・電話による世論調査で離脱派がリードしたと先週公表し、ポンド相場は下げたが、同社ディレクターのマーティン・ブーン氏は、結果がどう出るかについてほとんど確信できないことを認める。「これ以上に予想しづらい投票イベントは思いつきにくい。私が唯一正しいと言い続けられるのは、これがどうなるか分からないということだ」と説明した。

  不安なのは世論調査会社だけではない。EU残留キャンペーンを推進する陣営の複数の関係者も、同陣営の明らかな勝利を予想する人がいるとすれば、それは楽観的過ぎると匿名を条件に語っている。残留に同調する人々が投票所に実際に足を運んで「残留」票を投じてくれると当てにしていいのか、特に疑念があるという。

原題:Brexit Pollsters Feel Pressure With Uncertainty Given (Correct)(抜粋)

(原題を入れ替え、最終段落の離脱を残留に訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE