中国、南シナ海の行動で孤立化招くリスク-カーター米国防長官

カーター米国防長官は4日、シンガポールで開催されているアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で講演し、中国は南シナ海における行動で自ら孤立を招くリスクがあると指摘した。

  同長官は、「海洋やサイバースペース、域内の空域での中国の活動に関して、この地域で懸念が広がっている」と述べた。中国による南シナ海の岩礁埋め立てについては「前例がない」と言明し、アジアにおける安全保障で米国と協力するよう促した。

  カーター長官は「地域の国々が行動を起こし、最も高いレベルで公式もしくは非公式に、地域の会合や世界的なフォーラムで懸念を発している」と説明。「地域全体が結束し、ネットワークを形成しつつあるこの時期、南シナ海における中国の行動が自らを孤立化させている。こうした行動が続くようなら、残念だが中国は孤立の長城を築くことになるだろう」と語った。

原題:China Risks ‘Great Wall of Self-Isolation,’ Says U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE