ブラジル株(3日):上昇、レアルも高い-米利上げ遅れるとの観測

3日のブラジル株式市場で、指標のボベスパ指数は上昇。通貨レアルも値上がりした。同日発表された5月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を下回り、米国の利上げが遅れるとの観測が強まったことや、商品高を好感した。

  鉄鉱石生産のヴァーレが高い。週間でも5週間ぶりの上昇となった。鉄鉱石が値上がりした。ジェルダウなど鉄鋼銘柄も上昇し、原材料生産会社から成る指数は3週間ぶりの高値となった。

  ボベスパ指数は前日比1.5%高の50619.50で引けた。レアルも1ドル=3.5273レアルに上昇した。

  証券会社レローザ・インベスチメントスのアナリスト、ビトール・スザキ氏は「米利上げの可能性が新興市場の投資家を神経質にさせていた」ものの、米雇用統計が「救いになった」と指摘し、「ブラジル資産にとってポジティブな日だ」と述べた。

原題:Brazil’s Real, Stocks Rise as U.S. Rate Bets Bolster Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE