ヘッジファンドのテーラー・ウッズ、年初から7%減-商品投資が不調

2015年に最も良好な運用成績を上げたヘッジファンドの一つ、テーラー・ウッズ・キャピタル・マネジメントが年初からの5カ月で運用資産の7.3%を失った。商品投資の不調が要因だ。ブルームバーグが閲覧した投資家宛ての書簡で明らかになった。

  ジョージ・テーラー氏が運用するファンド「テーラー・ウッズ・マスターズ・ファンド」の運用成績は毎月マイナスとなっている。これは2011年以来で最長の連続低下だ。同ファンドは5月に金属投資で利益を上げたもののエネルギー投資が足を引っ張り、最終的には1.2%のマイナスとなった。

  同社にコメントを求めて連絡したが返答はまだ得られていない。

原題:Hedge Fund Taylor Woods Said to Lose 7% This Year on Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE