コンテンツにスキップする

NY外為(3日):ドル反発局面は終了、雇用減速で利上げ遠のく

更新日時

ドルの反発局面は終わったと、為替ストラテジストらはみている。

  3日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落し、ユーロに対しては半年で最大の下げとなった。5月の米雇用統計で雇用者の伸びが低調だったことから、早ければ6月にも政策金利が引き上げられるとの期待が打ち砕かれた。ブルームバーグのデータによれば、ドルの下げは雇用統計を受けたものとしては少なくともここ1年で最大。

Dollar Resumes Declines

  INGバンクの為替ストラテジスト、ペテル・カルパタ氏(ロンドン在勤)は「非農業部門雇用者数の伸びが弱かったことで、この3週間でのドル上昇分が宙に消えた」と指摘。ドル「全面安の展開」で、反発の材料はあまり多くないと続けた。

  5月にドルが上昇したのは年初から続く弱気トレンドが一時的に途切れただけであることを、今回のドル下落は示唆している。ユーロと円の上昇継続は、欧州中央銀行(ECB)と日本銀行にとっては望ましくない状況だ。

  カルパタ氏は「ユーロと円は非常に似通った要素を共有している」とし、「日欧とも中銀は通貨を押し下げるツールをおおむね使い果たしてしまっている」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比1.9%安の1ユーロ=1.1367ドル。下落率は昨年12月3日以来最大となる。対円では2.2%下げて1ドル=106円53銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は1.5%下げた。

  ステート・ストリート・グローバル・マーケッツの北米マクロ戦略責任者、リー・フェリッジ氏はユーロと円に対して「ドルは売りだ」と話す。「雇用者数の伸びはひどい内容だった。明るい兆しは見えない。あまりにも弱い数字なので、米国の成長に不安を抱かざるを得ない」と続けた。

  米労働省が3日発表した雇用統計によると、5月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比3万8000人増加した。増加幅は2010年9月以来で最少となり、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の下限を下回った。前月は12万3000人増と、速報値の16万人増から下方修正された。  

  米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は、雇用統計は「厳しい内容」だとし、利上げを急ぎ過ぎることに対して引き続き警鐘を鳴らした。先物市場で織り込まれる6月の利上げ確率は4%と、2日時点での22%から低下。7月の確率も55%から27%に下げた。

  フィエラ・キャピタルのジョナサン・ルイス米部門最高投資責任者(CIO)は、「利上げ先送りでドルは支えを失った」と指摘。軟調な雇用統計は「金融当局が6月に政策を引き締める根拠が急激に弱まった」ことを意味すると述べた。

原題:Dollar Rebound in Tatters as Jobs Slowdown Swamps Fed Rate Plans(抜粋)

(第4段落以降を追加し、全体的に書き換えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE