コンテンツにスキップする

バリアント、社債保有者が追加デフォルト通知-四半期報告書遅延で

カナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルは一部の社債保有者からデフォルト(債務不履行)通知を受け取った。証券当局への四半期報告書提出が遅れていることが理由。

  バリアントが3日公表した資料によると、通知を受け取ったのは2日。60日以内に米証券取引委員会(SEC)に1-3月(第1四半期)の決算報告書を提出する必要があり、できない場合は債券保有者が資金の返還を要求できるようになる。同社は先月にも別の債券保有者から同様の通知を受けているが、従来通り今月10日かそれ以前に提出できるとの見通しを繰り返した。

  バリアントはデフォルト通知について「当社や子会社の債務悪化をもたらすものでは全くない」と言明した。5月10日の発表では、2014年以降の決算報告での訂正に注力するため1-3月の報告を提出できないと説明していた。

原題:Valeant Gets Default Notice Due to Quarterly Filing Delay (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE