ルフトハンザ、中国国際航空との合弁で最終合意狙う-独首相と北京へ

ドイツの航空会社ルフトハンザのカーステン・シュポア最高経営責任者(CEO)は来週、メルケル独首相と共に北京を訪問する。ルフトハンザは中国国際航空と合弁会社を設立することで基本合意しており、滞在中に最終合意にこぎ着ける狙いだ。

  シュポアCEOはダブリンで開催された国際航空運送協会(IATA)の年次総会でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、合意の進展を図るため中国国際航空の上級幹部と協議する予定だと説明。ただ協議は「複雑」だとも述べた。

  ルフトハンザにとって中国国際航空との提携は、中国へのアクセスを向上させるために欠かせないと見なされている。

原題:Lufthansa to Pursue Air China Venture on Merkel Beijing Trip (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE