中国株:上海総合指数、上昇-週間ベースでは2カ月ぶり反発

更新日時
  • 生活関連銘柄が高い、エネルギー株は下落
  • 香港市場のH株、ハンセン両指数も値上がり

3日の中国株式市場で上海総合指数は上昇。週間ベースでもほぼ2カ月ぶりに上げた。人民元建てA株がMSCIの世界的指数に組み入れられるとの観測が手掛かり。ただ、景気鈍化や人民元下落をめぐる懸念でやや伸びが抑えられた。

  上海総合指数は前日比0.5%高の2938.68で終了。週間上昇率は4.2%だった。年初来では17%下落している。CSI300指数は前日比0.7%高で引けた。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「マクロ経済と企業収益のいずれも基調に変化はなく、上昇が持続できるのか懐疑的な見方は依然としてある」と指摘。「投資家は様子見している。株価は既にかなりの低水準にあり、元下落の影響は極めて限定的かもしれない」と述べた。

  酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)は6%上げて上場来高値を記録。同業の江蘇洋河酒廠(002304 CH)は4.4%高。石炭生産の山西潞安環保能源開発(601699 CH)は1.1%下落した。

  香港市場では中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.6%上昇し、今週の上げを2.5%に拡大。ハンセン指数は前日比0.4%高で取引を終えた。ここ9営業日のうち8営業日で値上がりしている。

原題:China Stocks Cap Weekly Advance as Yuan Weakness Tames Gains(抜粋)、CHINA’S CSI 300 INDEX RISES 0.7% TO 3,189.33 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE