コンテンツにスキップする

サウジ・エネルギー相:バレル50ドルは市場の回復を阻害せず

  • この水準では高コスト生産業者が再投資に殺到することはない
  • OPEC総会後にファリハ・エネルギー相が記者団に発言

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は2日、1バレル=50ドルの原油価格ではシェールオイルなどの高コスト生産業者が供給を増加して市場の回復が阻害されることはないとの見解を示した。

  同相はウィーンのホテルで記者団に対し、より多くの原油供給業者が市場に復帰するには1バレル=50ドルを超える必要があると述べた。

  ファリハ・エネルギー相は「私は業界の多くの経営者や取締役と話すが、バレル50ドルでは先を争って再投資する動きがあるとは思えない」とした上で、原油供給が急速に回復する「水準がどの程度なのか分からない。しかし50ドルより高いと思う。かつて100-110ドルを試したが、その水準では過剰供給がもたらされた。従って、これらの間のどこかになるだろう」と語った。

原題:Saudi Arabia Says Oil at $50 Won’t Hinder Market Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE