コンテンツにスキップする

独バイエル、米モンサント買収に向け5行から7兆円近く確保-関係者

  • BofAやクレディ・スイス、ゴールドマンなどが融資
  • つなぎ融資は増額も可能-バイエルが提示額引き上げなら

ドイツの製薬会社バイエルは種子開発の米モンサントを買収するための資金として、銀行5行から約630億ドル(約6兆8600億円)を確保した。事情に詳しい関係者が明らかにした。買収が実現すれば世界最大の農業用化学製品・種子供給会社が生まれる。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、バイエルはバンク・オブ・アメリカ(BofA)とクレディ・スイス・グループ、ゴールドマン・サックス・グループ、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースを選定。各行から短期のつなぎ融資をそれぞれ約125億ドル得る。

  モンサントはバイエルが提示している1株当たり122ドルの買収額を低過ぎるとしている。バイエルが提示額を引き上げる場合は、つなぎ融資増額の選択肢もあるという。関係者の1人は、バイエルはつなぎ融資の一部借り換えのため約200億-300億ドルの債券を発行する公算が大きいとも説明した。バイエルの担当者はコメントを控えた。

原題:Bayer Said to Secure $63 Billion in Financing for Monsanto Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE