米BofA:トレーディング収入「1桁台半ば」の伸び見込む-CEO

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は4-6月(第2四半期)のトレーディング収入について、このままいけば「1桁台半ば」の伸びになるとの予想を示した。前日にはJPモルガン・チェースが楽観的な見通しを示していた。

  モイニハンCEOは2日にニューヨークで開かれた投資家会議で、トレーディング収入の伸びについて「いい感触だ」と発言。4、5月のトレーディングは「市場で聞かれる話と一致する。第2四半期全体でもそうなると考えており、前年比で1桁台半ばの伸びとなる可能性はある」と述べた。

  1日にはJPモルガンの投資銀行部門トップ、ダニエル・ピント氏が、第2四半期のトレーディング収入について前年同期比で「10%台半ば」の伸びを見込んでいると述べた。

原題:Moynihan Sees BofA Trading Revenue Rising by ‘Single Digits’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE